肉体改造完全攻略セミナー!

このブログでは誰もが肉体改造できるために筋トレのやり方やダイエット方法について詳しく説明しています。

スポンサーリンク MENU

筋トレ指導者・パーソナルトレーナーになる方法

スポンサーリンク

筋トレ指導者・パーソナルトレーナーになる方法

 f:id:JUN0921:20181114171503j:image

こんにちは!!

パーソナルトレーナーってカッコいいですよね。

 

筋トレや運動が好きで将来そういう道に進んでみたいなぁと頭の片隅にでもあるひとは、『パーソナルトレーナーって具体的に何をしてどんな勉強、知識が必要なのかな?』疑問を持っている人もいると思います。

 

パーソナルトレーナーになるにはNESTA-PFTなどの資格を取るのが一番メジャーです。

 

しかしこの資格を取るのには様々な勉強をしなくてはなりません。もしかしてトレーニングの指導だけすればいいと思ってませんでしたか?

じつは他にもすることがたくさんあります。

 

 そんなわけで、今回は筋トレしている人なら誰でも憧れるパーソナルトレーナーになるための必要な勉強などを詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

パーソナルトレーナーとは?

f:id:JUN0921:20181114171453j:image

パーソナルトレーナーは、マンツーマンでトレーニングの指導、相手の健康や活動状態を考えたうえで食事指導などをする仕事です。少し前までは私たちの生活とほぼ関係ないセレブの人たちだけしか利用していませんでした。

しかし最近はセレブな人だけでなく健康状態の改善などを目的とした大人の人たちも利用しています。RIZAPなどですね。

パーソナルトレーナーに向いている人は、運動好きな人はもちろん、サポート好き、相手の気持ちになって考えられる人などが向いている仕事です。

 

パーソナルトレーナーに必要な知識・勉強

 

パーソナルトレーナーはトレーニングの補助とサポートの勉強だけしていればいいと思ってませんか。勉強しなくても誰でもなれると思っている人たちはやめたほうがいいです。

 

パーソナルトレーナーはそんなに甘い世界ではなくほかにも山ほど勉強することがあります。

 

ではパーソナルトレーナーになるためにどんな勉強をするのか一つ一つ細かく見ていきましょう。

 

 

 

1、トレーナーの専門知識

f:id:JUN0921:20181114171507j:image

まずパーソナルトレーナーになるためには絶対に必要な知識です。まあこの知識は勉強することもあまり苦ではないと思いますし、経験を積んでいくうちに覚えていきます。

 

トレーニングの種目名

正しいフォーム

鍛えられる部位

注意点、マナー

 

など覚える事はたくさんありますがトレーニング経験をある程度積んでいる人なら1から覚える必要はないし、覚えるのも苦ではないはずです。

 

そして、これらの知識を覚えたうえで、しっかりお客様の目的に合わせたメニューを組めるようにしましょう。

 

 

2、栄養学の知識

パーソナルトレーナーはトレーニング指導やメニューを組むだけではありません。指導するお客様の目的な体になるような食事内容の管理もしなくてはなりません。

ダイエットを目的としている人と、バルクアップが目的な人では当然食事内容も違ってきますので、目的が違う人1人ひとりにしっかり指導できるようにしましょう。

 

そのためには栄養学の知識は必要不可欠です

食事は身体を作る大切なものですから、単純にカロリーや糖質を抑えればいいという問題ではありません。

また菜食系が合う人や魚介類が合う人など1人ひとりまったく違うので、食事面だけでなく体調やストレス具合などもしっかり考えた上でサポートしましょう。

 

 

 

3、運動生理学の知識

あなたは筋トレやランニングをしている時に身体にどんな反応が起きているかご存知ですか?

短距離と長距離などでも身体に起きている反応は違います。

筋トレ=筋肉がつく

ランニング=痩せる

これだけの知識だと『運動大好き人間』と何の遜色もありません。

 

 

物質が身体でどのような反応がおきて、エネルギーとして使われるのかなど詳しく理解して説明できるように!!

 

これからパーソナルトレーナーになる人は運動生理学が一番覚える量が多いと思いますが、学べば学ぶほど面白くなる学問なので頑張りましょう。

 

4、解剖学(機能)

f:id:JUN0921:20181114171457j:image

パーソナルトレーナーとして指導する上で大事なのが、『なぜこのトレーニングをするのか?』などの理由がしっかり言える事です。

何にも根拠がないのに指導していたらお客様に不安がられてしまいます。

 

なのでこれを解剖学の点から詳しく説明できるようにしましょう。

例えば、『あなたは他の筋肉に比べて○○の筋肉が弱いですね。○○の筋肉が弱いことにより△△の筋肉に負荷がかかってしまってますが、普段△△の筋肉が張っていることよくありませんか?○○の筋肉をこの種目で鍛えることにより、張っている△△の筋肉もよくなりますので取り組んでみましょう。』

など丁寧に伝えることによりお客様もやる気があがります。

 

5、カウンセリングの知識

パーソナルトレーナーはお客様の身体を改善し、問題や悩みを解決しなければなりません。

 

適切なカウンセリングができればお客様の目標となる身体にしっかりと近づけることができます。

 

またここでいうカウンセリングの知識は伝え方によって大きく変わります

せっかくの知識もうまく伝えなければ意味がありません。ここで大事なのがお客様によって伝え方を変えることです。

数字を使って具体的に説明する方法、実体験を使って説明する方法など相手が理解しやすい説明をカウンセリングを通して見つけてください。

 

最後に

今回はパーソナルトレーナーになるのに必要なものについて説明しました。

パーソナルトレーナーはトレーニングをしている人なら誰でも憧れる職業ですよね。

 

一度きりの人生、好きなことを仕事にしてみませんか。

もしなりたい人がいましたらこの記事を参考にしてください。