じゅんじゅんの筋トレブログ

じゅんじゅんが筋トレやダイエット食事などについて色々書いてます

スポンサーリンク MENU

プロテインの効果や必要性、おすすめな味など徹底解説!!

スポンサーリンク

プロテインの効果や必要性など徹底解説!!

f:id:JUN0921:20181128232824j:image

こんにちは!

筋トレをしている人=プロテインを飲んでいる

これは90%以上の人が当てはまっています。それほど筋肉にはプロテインが大事なんです。

しかしこれから筋トレを始める人には「プロテイン」の効果必要性美味しい味など、わからないことが多いと思います。

 

そういう人のために、このページでは、プロテインの効果や必要性、お勧めのプロテインなど徹底的にプロテインについて詳しく説明していきたいと思います。

 

プロテインとは?

プロテインを日本語に訳すと「たんぱく質」。つまり肉や魚に含まれるたんぱく質の飲み物です。一昔前までは、プロテインは高くてまずい、というイメージがありました。

しかし最近では味の種類が増え、ジュースみたいに美味しいものもあります。また値段もネットで買うと安く手に入れることができます。

 

タンパク質の必要性

人の体は60%水分15~20%たんぱく質でできています。

タンパク質は筋肉臓器など身体を形成する上ではとても大事な栄養素で運動などのエネルギー源にもなります。

 

タンパク質が不足してしまうと、筋肉量が減ってしまったり、が痛んだり、集中力思考力の低下など様々な症状を引き起こします。

 

プロテインのメリットとデメリット

メリット

かんたんに飲める

プロテインは水や牛乳に溶かして飲むだけなので、朝やトレーニング後などに簡単にタンパク質を摂取できます。

 

カロリーを抑えやすい

食べ物でタンパク質を取ろうと思ったら、どうしても糖質や脂質などが多く含まれてしまいます。しかしプロテインは、ほとんどタンパク質で、炭水化物や脂質など少量しか入ってないので、ダイエットをする人にもとてもおすすめです。

 

ビタミンやミネラルなどの栄養素を同時に摂取できる

プロテインには、ビタミンやミネラルなども含まれているので同時に摂取することができます。

 

デメリット


空腹感を満たせない
プロテインはたんぱく質を多く含んでいますが飲み物として摂取するので、空腹感は満たされません。なので食べ物と一緒に摂取するなどしてお腹を満たしましょう。

 

タンパク質の過剰摂取

プロテインをを食事とは別に、1日何回も摂取するとタンパク質の過剰摂取によって肝臓などに負担がかかるといわれています。これについては様々な説があるので分かりませんが摂りすぎには注意しましょう。

 

 

プロテインの種類

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳などの乳製品に含まれるタンパク質の一種です。

ホエイ=乳清(ヨーグルトの上澄みにできる液体)

ホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。

水溶性でアミノ酸が含まれていて筋肉の回復効果があるが、ほかのプロテインに比べると少し値段が高い

 

カゼインプロテイン

カゼインプロテインも乳製品を主成分にしていて、カゼインは生乳のタンパク質の80%を占めています。

ホエイプロテインと違い不溶性で固まりにくく、体内への吸収速度がゆっくりなのが特徴です。

 

ソイプロテイン

ソイ=大豆  

その名の通り大豆のタンパク質を原料にしています。ホエイプロテインやソイプロテインと違い、植物性タンパク質を効果的に吸収でき、安いのが特徴です。

ほかのプロテインに比べ吸収速度がゆっくりで、皮膚や骨の強化なども期待できるが、

あまり溶けにくく粉っぽくなってしまうなどのデメリットもあります。

 

タンパク質の必要量

一般的に筋肉づくりに有効に活用されるタンパク質は体重✖1.2~1,8gと言われています。活動量や年齢などで個人差がありますので、この値を目安に摂取する量を決めましょう。

 

 

おすすめプロテイン

おすすめのプロテインは下の記事にまとめているのでそちらを参考にしてください。

www.junjuntraining.com

まとめ

この記事ではプロテインの効果や必要性などについて詳しく説明しました。

タンパク質は身体を形成するのに欠かせない栄養素なので、プロテインなどで

摂取しましょう。